2014/10/1

「こんなつみ木見たことない  大人と楽つみ木広場


「こんなつみ木見たことない」=「楽つみ木」、究極の建築体験(楽つみ木メソッド)

クリックすると元のサイズで表示します

■楽つみ木:3種類、台形・四角形・長方形、大きさも3cmが基準で小さな積み木たち。
台形がもたらす驚きの造形力:アーチ・トンネル・空間・アート表現は感動を持って迎えられました。今までの積み木には台形の形の積み木はありませんでした。

楽つみ木は1996年につみ木おじさんによって考案、誕生しました。

ひとつひとつ手作りで品質管理の徹底(自舎家具工房で製作)、面を丁寧に取り肌触りも良く木の香りがします。
ヒノキの森を元気に育てる為に伐られた間伐材から生まれました。つみ木で遊ぶことは森を元気にすることに繋がり、子供が温暖化防止に貢献することになります。


■楽つみ木遊び合い(ワークショップ)では、たくさんの楽つみ木(1万〜3万個)を使って大勢の仲間たちと、繰り返し、繰り返し、遊びこみます。積んだり、ならべたり、くずしたりとおもいおもいの世界を限りなく創造していきます。

楽しい時間と失敗など経験を積むことで、それぞれ「小さな建築家」に変身していきます。本当に「未来の夢を築く」の世界は広がっていきます。=量的変化は質的変化をもたらす。

■「楽つみ木遊び合い〜学び合いへ」=良質な環境を創る=生まれる人格
おのずと訪れる感動世界:時間彫刻・空間彫刻・つみ木による未来都市創造へと繋がる。


一人遊びから共創に発展する「21世紀にふさわしい究極の創造的遊戯環境」と言えます。
子供たちはこの小さなつみ木ワークを何気なく体験していく、最後には全く自分の力で新しい人格を獲得します。そして未来が見えてきます。


■東北沿岸部の子供たち支援の為、「楽つみ木」をおくったり、「ワークショップ」を皆様のご協力をいただきながら提供しています。


                   木楽舎つみ木研究所 代表荻野雅之
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ