2014/9/30

「むずかしいことをやさしく、  

記念樹のつみ木:小さき命の成長を見つめる、未来を共に生きる無言の世界
■過去・現在・未来を語る楽つみ木の世界
・たくさんのつみ木で遊ぶこと(量的変化は質的変化をもたらす)
遊びの中で人は人となれます。(ホモ・ルーデンス::遊ぶ動物)
また人は一人では生きていけない、子どもといえども遊び社会の中で育ちます
この世に生まれてきた小さき命
天から授かりし小さき命、どうぞこれからの道程のなかで
困難や、壁があってもへこたれず、あきらめず
自分を見失わず、自分を信じて、上を向いて育ってほしい
そして「人と助けあい、分かち合い、信じあい社会」の一員になってほしい。

クリックすると元のサイズで表示します


■つみ木遊び合から学び合いに変身する子ども姿勢(とことん遊びを見直し変身する)
@長所を生かすクセ(長所伸展法)
A一所懸命になるクセ(意欲・褒めることより励ます)
Bプラス発想のクセ(自己肯定感。失敗・ストレスを克服する)
C人やモノを大切にするクセ(創造と信頼社会のお約束)
D失敗してもあきらめない、小さなつみ木を大事にする、お友達が困っていたら助ける。

クリックすると元のサイズで表示します


■楽つみ木遊び合いの思い■・・・・・子どもたちの心に響くこだま(言霊)・・・・・

「むずかしいことをやさしく、
         やさしいことをふかく
                ふかいことをおもしろく
おもしろいことをまじめに
        まじめなことをゆかいに
               ゆかいなことをいっそうゆかいに」
                           「井上ひさしさんの言葉より」


クリックすると元のサイズで表示します

■楽つみ木遊び合い(遊・美・愛)では誰しもが等しく
ヒーローになるチャンスがある。誰しもが主人公。人と人をつなげる接着剤。
楽つみ木ワークはみんなで共創して、作り上げるもの。

クリックすると元のサイズで表示します

■振り返りは大切です。やりっぱなしの遊びごとではなく、自分の言葉で
楽しかったこと、困ったこと、感動したことをお話していただき、それをしっかり、聞き取る、おのずとみんなでたのしいワークを創ったと言う共通の喜びが生まれる。
これが楽つみ木ワークの目標です。           
 木楽舎つみ木研究所
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ