2014/8/29

素敵な橋渡しをさせていただきます。  楽つみ木広場の仲間たち

素敵な橋渡しをさせていただきます。

先日東京でキッズジャンボリ‐がありました。

会場には200社を超える団体がこどもたち向けに

楽しいブースを構えていました。

その中に皆様もよく知る「学研」があります。

今回楽つみ木ワークショップを招いて、開催にこぎつけた

すてきな企画会社の中島代表から最終日こんなお話がありました。

実は中島さまが懇意にしている「学研がこども向けの書籍を400冊」

寄贈したい。その先受け入れ先を求めている。

荻野さんのつながりある山梨の小児科の子供図書館に受け入れてもらえないか

とお話はありました。

つみ木おじさんは小児科のプレールームには本棚があって

院内小学校もある、すぐにおじさんはとりあえず山梨の工房に送って

と伝えました。400冊がどのくらいの量になるかその時は思いもよりませんでした。


本はキッズジャンボリー終了後翌日には到着。段ボール10個。

すごい本の数。

素敵な子供たちがベットサイドに持って行き、読みふけるだろう

興味をそそる多岐にわたるものでした。


山梨大学医学小児科の犬養先生と連絡を取り合い


そのご児童書の寄贈の件喜んでお引き受けいただくことのなりました。


こんな素敵な橋渡しができるなんて、大変ありがたいです。


9月9日つつましく院内プレールームで寄贈の会を行いたいと思います。
(9月9日は60回目の院内楽つみ木広場)になります。

病と闘っているこどもたちの少しでもお役にたてらればこの上ありません。

学研の皆様、wings の中島さま、犬養先生ありがとうございました。
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ