2013/10/11

2013、楽つみ木感想文募集締め切り迫りました  


2013、楽つみ木感想文募集締め切り迫りました。

秀作が集まっています、小さな世界、小さなつみ木たちが

作り出す世界をあなたの手で

詩、散文、エッセイ風に仕上げてみましょう。

あなたに心の平安の瞬間が必ず訪れます。

まってまーーーーす。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・クリックすると元のサイズで表示します・・

2013年度「楽つみ木の遊び、遊び合い」の感想文の募集
あなたのメッセージが子どもたちの「未来に夢と希望を抱く」作りに寄与いたします。楽しい子どもたちと楽つみ木のエピソードを子どもそして大人のあなたも
こぞってお寄せください:
■『子どもたちは積んでは崩し・崩れ、また積んでは崩し・・・その繰りです。際限なく遊びます。なぜでしょうか
子どもたちと遊び、それを見つめる保育者の優しい目線、そして保護者の皆様、子どもたちの遊びの中で気づかされたほほえましいエピソード、また
子どもたちの変化から、私たち大人が考えを改める経験をしたことがありませんか。今一度、小さき子どもたちの成長の礎の大切さについて、皆様と共有したいと思っています。
■16年間の楽つみ木活動の実践活動から、
「楽つみ木の遊び合い広場」は、教育現場では保育園、幼稚園、小学校の授業、PTA,親子レクレーション、学童児童館、父親の子どもとの触れ合い、障害児支援、特別支援児童、不登校の子供たち、アート教室、保育士、先生の教育現場での問題整理、解決、研修の場を提供し全国に広がっています。
全国各地で地域活動団体と楽つみ木の理念、志に共鳴を頂き地域での活動を相互に支えあって、本質、本物、の楽つみ木遊びあい(ワークショップ)を活動しています。
特に3.11東日本大震災以降、東北の子ども達の応援活動から、楽つみ木の「遊び、遊び合い」が、相互に「学び合う、励まし合う」関係づくりに効果することを再確認しました。多く方から「この様な遊び合いを求めていた」とお言葉をいただきました。
――――――――記―――――――――――
■感想文募集の形式:A4サイズ(感想文、詩、絵)字数は問いません
■提出方法:感想文(メールでも実筆でも可)その他郵送送付ください。
■2013.9月3日〜10月15日まで
■賞;優秀賞、子ども2名、大人2名 特別賞1名参加賞:全員
■副賞:木楽舎つみ木研究所特製の賞品■当舎のHPで優秀賞の感想文を公開します
■個人情報に関して:木楽舎つみ木研究所では、お客さまのプライバシー・個人情報の保護のため外部利用は行いません。
■お問い合わせ先;送り先:担当荻野。木楽舎つみ木研究所 info@kirakusha.jp
http://www.kirakusha.jp/
〒409-3831 山梨県中央市大田和1965
Phone: 055-273-4472 Fax: 055-273-4088



0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ