劇団回転磁石 -ゲキダンカイテンコンパス-



舞台映像の荒木です

2015/3/17 
はじめまして。
劇団回転磁石の映像担当の荒木竜平です。
撮影、舞台映像、たまに小道具などやってます。
映画監督もしてます。荒木です。



まず自分のことから書くと、
3年くらい前にともえさんと知り合ってから…

「いろおにのまつり」の撮影で初参加。

「透化石恐竜(以下略)」の撮影と賑やかし担当。

「そして王たち(以下略)」の公開前PV、撮影、公開後PV、小道具で文字通りキーアイテムになるカギ4つを制作。
カギはトランプのマークをモチーフに全てデザインを変えるも誰にも気付かれず。
(この辺りからメインメンバーに)

「男版女」のYouTube版の撮影、

「舞い天狗」の大炎上の舞台映像(プロジェクションマッピング)、映像撮影、スチール撮影。


こんな感じで関わってきました。

あとは折原がよく客演している白昼夢さんの撮影もやってたり、
最近あんなさんが出演している「ちとからファイブ」の記録撮影など。



2014〜現在は、自分が企画した自主制作特撮映画
「未来新星スターライザー」を撮影していました。

じゅんや主役のヒーロー、たいちボス、あんなさんヒロイン、
新田匡章(かつてのコンパスメンバーで今は木更津のヒーロー)が二人目のヒーロー…

といったコンパス中心の構成。
PFF出展の規約でYouTubeも公開不可のため、
一般公開はまだ先になりそうですが、我ながら相当面白い内容です。

2014年春からコンパスは1年間活動してないと思いきや、映画撮影してました。






さて。
本日、通し稽古(通せてない気がするけど)がありまして、
休みが出来たのと用事があったので顔を出しました。
横浜の実家から来ているので練馬春日町とかクソ遠いんですけど。



今日始めて台本を見ました。

今回の自分は劇中にプロジェクターを用いた演出の担当なので
制作的には早い段階で内容くらいは知りたかったりするわけですが、
まあやっぱり半分くらいまでしか聞けなくてもっと増えそうな予感。
つまるところ映像は現段階ではまだ全く動いてないということです。



もはや気の置けない仲なのをいいことに、鋭い牽制球の眼を送る演出家たいち。
突然のキラーパスにも耐えてなんとか未来の自分が頑張ると思います。



前回の舞い天狗は初めての本格的プロジェクションマッピングだったので、
舞台美術のぜんさんと一ヶ月以上前から入念な打ち合わせをしましたが今回は単独。
舞い天狗は2〜3日前くらいに追加演出映像が入ったり、
1日目に起こった問題のため2日目まで暫定版を出していたなどありましたが、
今回はさすがにないと思います。多分。



そして、今回の映像演出ですが機械都市がテーマということで、
個人的には歯車をデザインコンセプトとしてスチームパンクを意識した
時計仕掛けの重厚な世界観にしようと考えてます。

自分は作るとなったら理詰めから入るタイプなので、
歯車とは何か、からギアの構造や種類、目的に応じた機構、
そんなところから調べ始めます。



また今回、自分の映画のCGを担当してもらった大学の研究室の後輩にも
CG面で手伝ってもらうつもりです。彼は阿佐ヶ谷のアニメのCG会社の人。

今回は映像にも力を入れた作品になると思います!




画像は稽古中、たまたま自分の映像編集してた時に悪役のたいちとリアルたいちの差が面白かったので、本人に許可を聞いて載せました。(了承したとは言ってない)




それでは。


クリックすると元のサイズで表示します
0


コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ