打撃力強化の指導のポイント  少年野球の打撃力強化

打撃力強化の指導において、「良く球を見ろ」「アゴを上げるな」「前に突っ込むな」「ドアスイングになるな」「大振りするな」などと指導することが多いと思いますが、少年野球の選手たちは、なかなか指導されたとおりにできないのが現状ではないでしょうか?

打撃力強化を目指し、常勝少年野球チームを作り上げるには、試行錯誤を繰り返し、日々練習やトレーニングに取り組まなければなりません。

しかしその一方では、指導者の力が大きく左右することも事実です。
少年野球の場合、選手たちの潜在能力を最大限に引き出し、その能力を大いに発揮させる。打撃力強化の向上スピードを格段にアップさせる打撃理論があるのです。

打撃力強化の指導が正しければ、わずか3ヶ月で打率3割台を常にキープできる選手へと成長することも、少年野球の場合ありえるのです。子供の成長とは、それほど早いものなのです。

では、どうすれば打率3割台をキープできる安定した打撃力を身につけられると思いますか?
バッティングに必要な身体の使い方を本当に理解させていますか?




常勝少年野球チームを作り上げるには、打撃力強化がポイントになるのです。そして少年野球の場合、その打撃力は指導の仕方次第でぐんぐん伸ばすことができるのです。

打撃力を強化すれば、常勝チームも夢じゃない!少年野球のバッティング練習法と勝利に導く指導法




コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ