2014/10/14

楽つみ木遊びは究極の建築  積み木とこども

 「楽つみ木遊びは究極の建築」プログラム
「積み木遊びは脳に刺激を与え、考える力、創造力、想像力、柔軟性、表現力を伸ばす」

クリックすると元のサイズで表示します

■つみ木の遊び合いがもたらす「考える力と表現力」
子どもたちは日々の生活の中で内面の内なるもの・こころが外部に自己を表現し、自らの創造衝動を満たす遊び・柔軟性、可塑性、展開性を自主的に感じて遊ぶ。それを誘引するのが積み木の性質でもある。
クリックすると元のサイズで表示します

■つみ木遊びの魅力:つみ木を積んでは崩し、また積んでは崩しの連続、回数を重ねるごとに次第に複雑な形となる。また連続した造形や 積み上げた形など、多様に発展させていくことが出来る遊び道具。
クリックすると元のサイズで表示します

■実際の様子から:つみ木を建築素材としてとらえ、実行してみる
つみ木遊びから対象物のつみ木の形を理解し、発達段階に即して全力で遊びこみ、内面の意欲、認識能力がさらに刺激され、心も意識も同時に形づくられる。
・初期:触る,嗅ぐ、音を感じる、つまむ、重ねる、見つめる、高く積む、広げる、見立てる
・その後:積んでは崩れの連続、失敗を克服(ストレスに耐性を持つ)して喜びに変える仲間との共同体験、役割分担。

クリックすると元のサイズで表示します

見立てる力、美しいものを美しいと感じる
新しいもの、未知なるものにふれた時の感激
思いやり、賞賛や愛情などさまざまな感情がひとたび呼び覚まされると
次はその対象となるものについてもっと意欲が表れる
自分で考えて表現する力が身につく
見つけ出した知識はしっかりと身につく。
人と混わる喜びを知る、共同遊びの意味、喜びを知り、仲間を大切に思う心を育てる
・グランドフィナーレ:感動、感激、感謝の気持ちを体験する

クリックすると元のサイズで表示します


(3つのお約束:つみ木を大切に・崩れてもあきらめない・崩れて困っていたら助ける)
■子供たちは遊びながら以下の事「生きる上で」大切なことを獲得する。
つみ木遊びの3つの原理:@さまざまの子供の発達段階に即したいっさいのものを創りだしたりできるA続き来る遊びこむ誘惑が潜んでなくてはならないB遊び合い活動の過程から認識能力、表現能力、心情や意思の同時に獲得されなければならない。
まとめると:1・自発性を引き出す2・創造性を育てる3・社会性の基礎を養う4・身体諸器官及びその機能の発達を促す5・知能の発達を促す6・科学性の基礎を養う7・集中力を養う8・情緒を安定させる9・美的感覚を養う10・自分で片付ける習慣を身につける。
クリックすると元のサイズで表示します

楽つみ木の特徴の紹介(最高の加工精度・品質管理のもと製作)
■楽つみ木は3種類の形の違う(アフォーダンス)から出来ている
  台形(芸術性と空間美)、四角形(基礎的形、算数の元)、長方形(繋ぐ、建築)そ   
れぞれの個性の違いの組み合わせ、つみ木の遊び合い、こども達の個性と3種類の組合せから生まれる、はかりしれないバリエーション:多様な組み合わせ、無限の可能性。さらに気づかないうちに第4の形:空間を造形・建築に取り入れる。
楽つみ木自体に「多様性を引き出す原理的形、サイン」が内包されている。

クリックすると元のサイズで表示します

■台形こそ創形力、創像力の要。美、美しさ、芸術性への気づきを促す。
 (3ツの種類の組み合わせ+空間、すき間)×ひとり一人のイマージネーションの個性。  
そしてたくさんの量のつみ木。楽つみ木遊び合い(仲間)の必要条件。
その結果自分でも思い付かない表現、美しさ(芸術)に行き着いてしまう興奮、と驚き。

クリックすると元のサイズで表示します

■3cmの基尺の秘密
小ささから呼び起こされる感性のひらめき、「丁寧と辛抱の経験」と愛おしさ。
ひとり一人の思いやりから作品と作品の繋がりから起きる新たな創作(萌芽)セッション、おさまり、共鳴、心の交響が創出する。


クリックすると元のサイズで表示します

■つみ木と建築:具体的造形(クラッシュ&ビルドをしっかり体験する)
1・高さ・積み重ね:山・木・ソフトクリーム・ロボット・ピラミッド・ビル・城(日本・西洋)・東京タワー・スカイツリータワー・サクラダファミリア・パルテノン神殿・教会・学校・ピシャの斜塔・ビッグベン・丸ビル=各自の製作の時間
2・広げる:花・フラワーガーデン・花火・太陽。飛行場・駐車場・公園・海・湖・水族館・スイミー・魚・・雪の結晶・桜の満開・恐竜・トトロ・台風・雨=繋がる始める時間
3・繋げる:線路・道路・橋・川・街並み・新幹線・リニアモターカー・トンネル、ETC・街路灯・商店街・東京駅=共同制作の時間
4・観賞:みんなで創った感動の世界が突如出現=感動、感激、感謝の時間
5・評価・振り返りの言葉・感想文
番外:空中都市・つみ木チェス・製作者のチェンジ・
■子どもとつみ木と建築(ワークショップ)=量的変化は質的変化をもたらす。
コンセプト@子供たちが一人遊びから集団遊びに広がる、自発的に共同、役割分担しながら遊ぶ環境を実現できる。
コンセプトA3つのつみ木を大量に使える遊びの環境だから、よりダイナミックで想像的な造形が可能。
コンセプトB楽つみ木はヒノキの間伐材から作られるので、元気な美しい森を再生する環境保全にも貢献できる。
「楽つみ木は、こどもたちが秘めている表現力「生来の建築家、芸術家の感性」を思う存分引き出す良質な環境を提供する。これがつみ木と建築ワークの最終目的、ねらい。」
                          木楽舎つみ木研究所 荻野雅之
0

2014/9/5

お誕生日に、ご出産のお祝いに  積み木とこども


あなたのお子さんの誕生日に、お孫さんの誕生日に

何を選ぶか、悩むところですね

未来に繋がる、思いが伝わるプレゼントは?


そんな時、小さなつみ木のおなしをお聞きください。

クリックすると元のサイズで表示します

あなたの一言を添えて
記念樹のつみ木(楽つみ木)を「こどもの未来」に贈ります。

クリックすると元のサイズで表示します

「積み上げる未来・みらい・ミライ」
天からさずかりし、尊き小さな命
健やかな育ちをねがいつつ
悲しいときも、苦しいときも
うれしいときも,くやしいときも


クリックすると元のサイズで表示します

いつも身近にいる小さなつみきたち
今の君の心持を小さなつみ木はきっと引き受けてくれるに違いない、
きっと無言のつみ木たちがコトコト小さな音をぎびかせながら
聞いてくれるに違いない。
無言のつみ木の立体造形が今の君の心模様。クラッシュ&ビルド。
そして生きる上で大切なことを教えてくれるに違いない

これからの子供たちが立ち向かう、みちのりは決して平坦ではあり得ません
その道程の中で、決して自分を見失わず、一歩一歩自分の天命を信じて
仲間を信じて、未来に向かってください。
楽つみ木は一生君と付き合うパートナーです。

クリックすると元のサイズで表示します

…「記念樹のつみ木の独り言」・・・・

あなたの一言を添えて:3行詩をお寄せください。3行詩と共に楽つみ木(記念樹)と 共に、大切な未来に羽ばたく子たちに贈りましょう。
あなたの3行詩は大切なお子様に伝わり、未来、永遠に、繋がっていきます。
(ぜひあなたもこの小さな社会事業に加わってください)
あなたの一言ピラミッドを創りたいですね。
そして参加された方は:「記念樹・楽つみ木プロジェクト」メンバーに認定させていただきます。 「楽つみ木・記念樹」ご案内:お誕生日・ご出産・卒園・入園・入学にお使いください。


クリックすると元のサイズで表示します

毎月23日は「つみ木」の日として定めます。23日にご注文の場合は特典をご用意いたします。
http://www.kirakusha.jp/shop/商品紹介.html  
0

2014/9/4

柔軟性の大切さ、発想力の大切さに  積み木とこども

楽つみ木ご注文ありがとうございます。 夏体験したお母さんからです。 ■柔軟性の大切さ、発想力の大切さに遊びを通じて これらはすべて未来に必要なもので、実体験を通じて得られます・■ クリックすると元のサイズで表示します 「楽つみ木」広場を親子で体験された あるお母さんの感想をご紹介します。 子供は小さな芸術家 我が子の無限大の可能性に気づくとき クリックすると元のサイズで表示します 今日は久しぶりになんだかとてもしあわせな気持ちになりました。 それは家に帰ってきて、子供がおやつを食べたあとに、今度は折り紙とハサミ、セロハンテープを持ち出してなにやら真剣な表情で作りはじめた時のことでした。 子供はまさに小さな芸術家だなぁとあらためておどろかされました。 実際に参観させていただいている時には素直に感動する事が出来ませんでした…。 心の中で、頼むからお友達とつみ木の取り合いをしないで…。 あっ 気をつけて歩いて、お友達の作品をこわさないで…。 と  ヒヤヒヤしている自分ばかりでした。 どこかで必要以上に心配していた自分。子供を信じていない自分がいました。 どうせ途中で諦めてしまい、パンチやキックで作品を壊してしまうんだろうなぁと考えていた自分に反省です。 ところが子供は違いました。 うれしそうにつみ木を積み上げては喜び、線路をつなげていっては満足そうな顔をみせる子供…。 長方形のつみ木をななめに積み上げていったり、台形のつみ木を上手に使ってお花を作ったり、立方体のつみ木をあつめてはハンカチでくるんで運んでみたり、長方形のつみ木をズボンのポケットにつめこんで運んではそのつみ木で作品を作っていく姿。 大人の私では思いつかないようなことをいっぱいする子供の頭のやわらかさ。 いつも園でもいわれているように、今日もたしかに落ち着きがなくハラハラ ドキドキはしましたが、それ以上に子供の無限の可能性とでもいうか、想像力の豊かさ、発想の豊かさにあらためておどろかされました。 そして最後に自分で作った作品の下でちょこんと座り、3・2・1で積み上げたつみ木をやさしくそっと倒す姿をみて 「あぁ この子にもこんなやさしい心があったんだなぁ」と感じました。 なんだか心をうたれました。 クリックすると元のサイズで表示します 楽つみ木広場をとおして、いろんなことに気が付きました。どうしても「わく」に入れたがる自分。 こうしてはいけない、こうしなさい、ああしなさい、まったくこの子はダメだと常に我が子をマイナスにしかみていなかった自分にも気が付きました。 もう少し大きな広い心であたたかく我が子をみていこう…いろんな面で他の子よりもおくれてることがあるかもしれない。 でも子供は子供なりにがんばっている。 ゆっくりかもしれないけれど一生懸命に進んでいる。 たまにはつみ上げていったつみ木がくずれることもあるけれど  そしたらまた、つみ上げていけばいい。 クリックすると元のサイズで表示します くずれたことで前よりもっと丈夫でおおきな作品になっていく。親が我が子を信じてあげないで誰がこの子を信じるだろう。 いろいろな問題をかかえている我が子だけどもう一度まっすぐにこの子をみつめてみよう。そして頑張ったことには心からほめてあげよう。 「大丈夫、できるよ!」と心の中でそっと見守っていこうと思えるようになりました。 少々?落ち着きがなく、困ったところはあるけれど その可能性は無限大。 クリックすると元のサイズで表示します これからの成長がたのしみと思えるようになりました。 わが子と私にに「楽つみ木」お願いいたします。
0

2014/9/2

人はやっぱり社会の中で育つんだよな  積み木とこども

2014/8月。楽しかった夏休み終わりましたね。

クリックすると元のサイズで表示します


つみ木おじさんたちの楽つみ木活動は

たくさんの楽つみ木を持って行って、赤いじゅうたん引いて

安全・安心に楽しめる環境をしっかり作ること。

しかし楽つみ木ワークではたくさんの困ったことが起きてしまいます。

これも大切なプログラムの始まりですよね。
クリックすると元のサイズで表示します

接着剤がついていなくて、一所懸命積んだ積み木は

一瞬で崩れてしまうこともあります。

この現実から目をそむけることはこどもたち耐えます。



でもこどもたの様子を見ていると

両手にしっかりつみ木を持ってもう作業が始まっている。

(ストレスをに耐え、ストレスを解消しちゃっている)

後はたくさんの楽つみ木で積んだり、広げたり、崩れたり、悲しんだり、

悔しがったり、修復できて、安心、ほっとしたり、もっとやってみたくなったり、新しいお友達に巡り合えたり。

物言わぬつみ木たちが起きているように、積み木たちの言葉が聞こえた

り。自己と子供ながらに向き合っている、後ろ姿

感動してしまいます。

重ね合う時に出る音が、香りが心地よかったり


そのうちにみんなのつみ木が成長している、僕も、私も

そのうちにお母さん、お父さんも最初はわが子のことばかり、、

でもそのうちにつみ木広場で熱中して積んでいる自分に気がつく

照れくささと、面白さ、、、、、

クリックすると元のサイズで表示します


人と接するとはこんなことなんだな―

人はやっぱり社会の中で育つんだよなー

ひごろ培ってきた、しつけ、教育、をやっぱり自分自身の考え方を

伝えたい、表現したい、そして大切なことはやはり試してみる

やってみる機会は求められるはず。

そこでは予定された答え、正解に合わせるものとは

まったく正反対の行動、運動、自分で考え自分で伝える、心身のドキドキです。

その体験こそ、劇的な人生のジャンクションになるでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

そこに「楽つみ木広場」が、、、、、、

多様な個性の子供たち、やっぱり多様な個性の大人たち

その違い、カテゴリー(育ち環境の違う)が交じり合う


究極ワークショップ:良質な醗酵(1次醗酵もあり、ガス抜き。そして本(2次)醗酵)

繰り返し、繰り返し、単純だけれど、気がつく発展過程、発展と成長

すべての参加者と反応し合い、お互いの心身のときどきの熱中度が

最後のグランドフィナーレを導く

。感動、感激の世界か忽然と現れる。

クリックすると元のサイズで表示します
□この夏多くの方たちに楽つみ木の感動、無権の広がりの世界を見ていただきました。

ぜひ楽つみ木ワークの仲間になってください。すべての大きな活動も、人を動かす発動も、

すべて一人の感動、感受性、感激から動き始めます。

そのように楽つみ木広場活動は北海道〜沖縄に広がっています。

クリックすると元のサイズで表示します


また心ある人によって楽つみ木は世界の子供たちのところにも届けられています。
そして今年おおくの大人の方たちから、大人向けのプログラムは?

と聞かれました。実際に以前から大人向けの楽つみ木プログラムはpkpなっています。

ご興味があり方はおじさんにご連絡ください。ご一緒にプログラム創るところから行います。

http://www.kirakusha.jp/message
クリックすると元のサイズで表示します
0

2014/8/28

つみ木の魅力  積み木とこども

つみ木の魅力(千葉県矢切幼稚園の園長からの60のメッセージから)


クリックすると元のサイズで表示します


今から四年前に、「楽つみ木」という檜ののつみ木と出会い、幼稚園で早速千ピースを

買いました.子どもたちはつみ木が大好きでみんなで遊ぶには数が足りないので、毎年バザー

の収益金などで購入し、現在三千五百ピースとなりました。


クリックすると元のサイズで表示します


このつみ木は立方体、台形、長方体の三種類の形があり、ひとつひとつが手作りで、面を

ていねいに取り、肌触りもよく木のかおりがします。

このつみ木で遊んでいると自然におだやかな気持ちになり、作ってみたいというチャレンジ

精神もわいてきます。



子どもたちは三種類のつみ木を組み合わせ、積んだり、ならべたり、くずしたりと

おもいおもいのせかいを創造していきます。


時には一人でじっくり作ったり、仲間と一緒に作ったり、子どもたちの創作意欲と発想

はほんとうにすばらしく無限大です。



今年度は、月一回「積み木の日」を作り、園全体で年間計画をたててあそんでいます。

一学期は個人で作ることからグループやクラス全体で作る活動へ発展しました、

二学期には異年齢同士で遊ぶ交流も予定しています。


この夏、三人の職員がつみ木のファシリテーター養成講座に参加し、修了書を授与されて


きました。そこで、九月の自由登園日は「積み木広場」をホールで開催し、親子でプログラム

に参加してもらい、たくさんのつみ木を使ってダイナミックに活動し、つみ木の


魅力とすばらしさを体験していただきたいと思います。

どうぞご家族で参加してください.   (平成21年月)矢切幼稚園・園長からのメッセージから


■この後平成24年につみ木おじさん・おばさん・そしてたくさんの楽つみ木を持ってワークショップ開催

のお話をいただき、初めて訪れました。


それまでの間、園長先生とはお会いしていなかったのですが、以前からの知り合いのように


うちとけておはなしが弾みました。ワークショップも親子2回に分けて楽しい時間を

体験を共有できました。

もうひとつお会いして驚いたことがありました、

藤樫園長先生は大学時代から「つみ木・積み木」を研究課題にしていたことをお聞きしました。

それでもテレビの放送で「台形」のつみ木を見つけた時は驚いたらしいです。いままで

の積み木にはない形ですから。


そんなこともありながら「楽つみ木」がご縁でつながった絆です。


すでに毎年開かれるバザーでの収益金の半分を東北の子供たちに「楽つみ木」を

2ねん続けておくられています。

こちらが宮古市田老児童館でのワークショップの模様です。震災では甚大な被害がありました。
クリックすると元のサイズで表示します

本当に素敵な方たちと巡り合ったと思います。

そのつみ木たちは岩手県宮古市の田老児童館の子供たちと仲良く遊んでいます。

田老児童館の三浦館長もとても心温かい人で、お2人を今年秋にお会いできるよう

計画したいです。


矢切幼稚園はサンフランシスコにも姉妹園をお持ちで、園長先生自ら「楽つみ木200個入れ」

を旅行バッグに入れて運んでいます。少しずつ増やしていく計画です。

小さなつみ木たちが時空を超えて、つなぐ人の縁に感謝です。

クリックすると元のサイズで表示します

日本教育新聞/藤樫園長からのコメントいただきました。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ