2014/8/18

…「記念樹のつみ木の独り言」  積み木とこども


毎月23日は「つみ木の日」といたします。

クリックすると元のサイズで表示します


こどもの未来にあなたの思い(2行詩をお寄せいただき)楽つみ木(記念樹)と

一緒に送りませんか。一生の宝ものになります。


あなたの一言を添えて・・・3行詩をお寄せください。


http://www.kirakusha.jp/topics/%e3%81%82%e3%81%aa%e3%81%9f%e3%81%ae%e4%b8%80%e8%a8%80%e3%82%92%e6%b7%bb%e3%81%88%e3%81%a6%e3%83%bb%e3%83%bb%e3%83%bb3%e8%a1%8c%e8%a9%a9%e3%82%92%e3%81%8a%e5%af%84%e3%81%9b%e3%81%8f%e3%81%a0%e3%81%95.html

クリックすると元のサイズで表示します

あなたの一言を添えて
記念樹のつみ木(楽つみ木)を「こどもの未来」に贈ります。
「積み上げる未来・みらい・ミライ」
天からさずかりし、尊き小さな命
健やかな育ちをねがいつつ
悲しいときも、苦しいときも
うれしいときも,くやしいときも


クリックすると元のサイズで表示します

いつも身近にいる小さなつみきたち
今の君の心持を小さなつみ木はきっと引き受けてくれるに違いない、
きっと無言のつみ木たちがコトコト小さな音をぎびかせながら
聞いてくれるに違いない。
無言のつみ木の立体造形が今の君の心模様。クラッシュ&ビルド。
そして生きる上で大切なことを教えてくれるに違いない

これからの子供たちが立ち向かう、みちのりは決して平坦ではあり得ません
その道程の中で、決して自分を見失わず、一歩一歩自分の天命を信じて
仲間を信じて、未来に向かってください。
楽つみ木は一生君と付き合うパートナーです。


クリックすると元のサイズで表示します

…「記念樹のつみ木の独り言」・・・・

あなたの一言を添えて:3行詩をお寄せください。3行詩と共に楽つみ木(記念樹)と 共に、大切な未来に羽ばたく子たちに贈りましょう。
あなたの3行詩は大切なお子様に伝わり、未来、永遠に、繋がっていきます。
(ぜひあなたもこの小さな社会事業に加わってください)
あなたの一言ピラミッドを創りたいですね。
そして参加された方は:「記念樹・楽つみ木プロジェクト」メンバーに認定させていただきます。 「楽つみ木・記念樹」ご案内:お誕生日・ご出産・卒園・入園・入学にお使いください。

毎月23日は「つみ木」の日として定めます。23日にご注文の場合は特典をご用意いたします。


木楽舎つみ木研究所 荻野雅之
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
0

2014/7/30

<社会的使命の目覚め>を発芽する  積み木とこども

■つみ木遊びは単なるつみ木遊びではなく

クリックすると元のサイズで表示します
・つみ木遊びは単なるつみ木遊びではなく生きる上で大切なことを学ぶ必須の遊び・

クリックすると元のサイズで表示します


「良質な積み木」は触る、積む、広げる、重ねる、考える、やってみる、手が勝手に動く
など、すべて大切なプロセスをふまえた創造的遊び。この経験を繰り返し積み上げて、踏まえて行くと、更なる理解、集中力、創造力、意欲、願望、の思いが発芽してくる。
また他者との同時、同じ体験をふまえることで、自他との違いを理解し、形として創出されたものに関した、自他ともに認め合う関係がなぜか生まれる。
これはつみ木遊びの特徴の一つで、やり直しが出来る、出来上がったものに上手い下手の
基準はないことである。
高く積む、つみ木を広くひろげる表現もそれぞれのつみ手の個性で多様に表れる。「個性の表現の社会化、内面の意欲の見える化」。
■社会スキルの獲得:こどもどうし遊び、遊び合うなかで相互に作業しながらその場で出会う出来事から遊びを膨らませ、崩れ失敗の問題解決を相互にしながら喜びながら解決する。遊びを前提とした遊び合い、学び合いへ発展。

クリックすると元のサイズで表示します

■楽つみ木ワークショップがもたらすもの;良質な双方コミュ二ケーション。

クリックすると元のサイズで表示します

コミュ二ケーション環境を整えるハードのつみ木の利用だけでなく、
参加型のシステムの構築、双方がウィンウィンになれるプラットフォームの設計
参加することの楽しさを体験し子ども向け・親子向け・子どもと先生・先生だけのプログラム・老人、リハビリ、大人社会の絆、チームビルヂング、人間関係頭づくり、信頼社会
ベビーマッサージを楽つみ木マッサージ、最高のスキンシップ等に具体的に展開が広がる
■プロジェクトチーム誕生と使命
クリックすると元のサイズで表示します ="0">

楽つみ木wsを通じた社会参加そのものに喜び価値
参加した人たちから更なる繋がりの喜びを目指すチームの誕生、社会性と多様性の確保
■プロジェクトマネージメント=地域、社会活動に進化
コミュ二ケーションを取りやすい:集える場
エンパワーメントアプローチ:来易い集える場:多様な人たちの参加が必須
課題解決プロセスでの人間関係、信頼が創造される。
環境が整理されてゆく活動の中で問題点が明確化され解決の道程が見えてくる。。
集える、集うことで、喜びがあり信頼関係が醸成され更なるステップと向上して行く
途中、途中で自分たちの未来の完成の内容をチェックし更なる改善を繰り返す。
途中の観察に関してはプラシング(plus+ing):長所伸展法
プロジェクトマネージメント側も参加者の経過の変化から成長のエネルギーを得る。
■楽つみ木ワークショップは良質な人格創造プログラム、地域で展開希望のかた
丁寧に、本質、本物感動プログラム、スキルをお伝えいたします。ご連絡ください。
■楽つみ木個性の違う3種類の組み合わせだから、「遊びが発展する秘密。原理、原則。」
                          木楽舎つみ木研究所

クリックすると元のサイズで表示します
0

2014/7/19

[毎月23日は「つみ木」の日として定めます]  積み木とこども


[毎月23日は「つみ木」の日として定めます]


記念樹のつみ木(楽つみ木)を「こどもの未来」に!





あなたの一言を添えて
記念樹のつみ木(楽つみ木)を「こどもの未来」に贈ります。

クリックすると元のサイズで表示します

「積み上げる未来・みらい・ミライ」
天からさずかりし、尊き小さな命
健やかな育ちをねがいつつ
悲しいときも、苦しいときも
うれしいときも,くやしいときも

いつも身近にいる小さなつみきたち
今の君の心持を小さなつみ木はきっと引き受けてくれるに違いない、
きっと無言のつみ木たちがコトコト小さな音をぎびかせながら
聞いてくれるに違いない。
無言のつみ木の立体造形が今の君の心模様。クラッシュ&ビルド。

クリックすると元のサイズで表示します


そして生きる上で大切なことを教えてくれるに違いない。

これからの子供たちが立ち向かう、みちのりは決して平坦ではあり得ません
その道程の中で、決して自分を見失わず、一歩一歩自分の天命を信じて
仲間を信じて、未来に向かってください。
楽つみ木は一生君と向き合う、手元に置くべきパートナーです。
…「記念樹のつみ木の独り言」・・・・

あなたの一言を添えて:3行詩をお寄せください。3行詩と共に楽つみ木(記念樹)と
共に、大切な未来に羽ばたく子たちに贈りましょう。
あなたの3行詩は大切なお子様に伝わり、未来、永遠に、繋がっていきます。
(ぜひあなたもこの小さな社会事業に加わってください)
あなたの一言ピラミッドを創りたいですね。
そして参加された方は:「記念樹・楽つみ木プロジェクト」メンバーに認定させていただきます。
「楽つみ木・記念樹」ご案内:お誕生日・ご出産・卒園・入園・入学で喜ばれています。


毎月23日は「つみ木」の日として定めます。23日にご注文の場合は特典があります。



http://www.kirakusha.jp/shop/商品紹介.html
http://www.kirakusha.jp/shop/商品紹介.html

 木楽舎つみ木研究所 荻野雅之





0

2014/6/18

もう君は  積み木とこども

クリックすると元のサイズで表示します

福井越前市で今年2月に楽つみ木ワークショップを

越前市八ツ杉森林学習センターの主催で2日間行われました。

4回開かれたワークショップにはいろいろな親子が集まっていただきました。

引っ込みがちな子供も、落ち着きがない子も、すぐにおやに頼るこ

でも一度たくさんの小さなつみ木たちを目の前にし、手に触れ、

木の香り,重なり合う音を感じると

もう止まりません、どんどん、もっと、もっと、意欲が内面から

湧き出てきます。もちろん、崩れ、失敗、停滞、、、、沈黙、、、

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
観察、ちょっと、ちょっとやってみる、動かしている

立体が生まれる瞬間、もう君は

立派な建築家、芸術家、目を輝かしているだけで

もう十分、アーテストです。絶対。

その過程、心の、姿勢の変化

それが大事だよね。

そんな越前での会場で、静かに楽つみ木広場の光景を

見つめてくれた方がいました。ギャラリーです。

その方から素敵な色紙をいただきました。

でも直接ではなかったです。でもその方の優しくも

厳しい目線の出会って喜びと感謝です。





0

2013/3/27

48回目の小児科院内楽つみ木の遊び合い終了。  積み木とこども

48回目の小児科院内楽つみ木の遊び合い終了。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

■楽つみ木広場におけるノン・バーバルコミュニケーション(非言語交流)
数回楽つみき広場を体験している小さな子どもが、初めて体験する子ども年上であっても年下であっても積み木の遊び方を教えている事がある。
それは無言もしくは非言語で積み木を大事そうに優しく、丁寧そしてもくもく積むその無言の仕草で。もちろん小児科の先生インターンの先生、看護士、それを目指す学生さん達もちびっこファシリテーターの洗礼を受けおしえを頂くこととなる。

大人たちも子どもと同じく積み木遊びの仲間に入りますが子どもにはかないません。そこで一言すごいねと小さな声を発してしまう。
子どもが主役になる必然が楽つみ木広場にはある。

でも先生、看護士、保護者の方の中に童心に帰ってしまうこともしばしば見受けられる.子どもと一緒に人間関係フラットで遊び合う。遊び合うことで入院中の子ども達のストレスが開放され、創造力や
集中力が高まり、また親しみのコミ二ュケイーションが生まれます。新しい院内の人間関係が生まれる。

その光景を少し距離を置いて見つめる母親がみつめている。うちの子の頑張りに心から声援を無言で、そして支え見守る意味をこどもの変化から頂く。母親の横に看護師の方がやはり寄り添っている。

人間一人では生きることはできない、支え合って生きていく、現場を多く体験する度に信頼関係構築の大切さ思い知らされます。
私たち木楽舎つみ木研究所のスタッフも毎月一回30回以上院内楽つみ木広場やらせてもらっていますが、痛み苦しみを抱えて積み木広場を待っている子どもたちに再会することがたのしみです。

来月もいろいろな個性の違うちびっこファシリテーターたちに会いたくて、ワゴン車に積み木を乗せて、でかけます。


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ