2011/12/29

楽つみ木フィールドノート『感想・詩』を募集!!  楽つみ木広場開催情報   

楽つみ木フィールドノート『感想・詩』を募集!!

○つみ木遊び合いから明日の未来へつながる笑顔を!!○

楽つみ木と子どもの遊び合いから気づかされた事やエピソード、感想をお寄せ下さい。

お寄せいただいたフィールドノート『感想・詩』のなかからら「木楽舎つみ木研究所」及び
「つみ木研究会」が選考し4つの賞を選びます。選ばれた4名の方には「楽つみ木スペシャルセット」を副賞としてさしあげます。

「楽つみ木のたいせつな仕事」
こどもたちに元気な笑顔を引き出す
こどもたちとおとなが交り合って笑顔になる
ひとりでもおともだちとでも楽しく遊び合える
何度でも繰り返し、崩れてもやり直しができる
お互いに助け合い、支え合う喜びを教えてくれる
君のつらいおもいを静かに聞いてくれる小さな
君の手で小さな命の作品を築く喜びを教えてくれる
あなたと社会が繋がっている事を教えてくれる
そんな気持ちになるとき、楽つみ木が大切ことを教えてくれる

《応募方法》
○楽つみ木フィールドノートはメールもしくは手紙でもOKです。直接、木楽舎つみ木研究所へお送りください。
 木楽舎つみ木研究所メールアドレス→info@kirakusha.jp
 〒409-3831 山梨県中央市大田和1965 
《応募期間》
○1月1日〜1月31日〆切   ☆1月1日から随時受け付けています。

《フィールドノートの形態》
○A4サイズ
○氏名・住所・Eメールアドレス・電話番号 
(個人情報は当社で厳重に管理致します。なおブログ・ホームページの掲載時には個人情
 報は掲載いたしません)
○文章の内容は感想文、手紙、詩、絵、写真でご提出ください。

《賞》
「とても感動したで賞」         1名
「とても頑張ったで賞」         1名
「小さなつみ木を大切にしたで賞」    1名
「楽つみ木活動への提案で賞」      1名
「参加賞」            応募者全員

○応募者の文章はブログとホームページに掲載いたします。

《賞の発表》
受賞者はブログ・ホームページにて2月中旬に発表いたします。

ぜひ御参加下さい!!

《お問合わせ》
荻野雅之 木楽舎つみ木研究所info@kirakusha.jp
http://www.kirakusha.jp/
〒409-3831 山梨県中央市大田和1965  Phone: 055-273-4472 Fax:055-273-4088
0

2011/11/18

甲府の貢川進徳幼稚園で素敵な会  楽つみ木広場開催情報   

11月23日山梨、甲府の貢川進徳幼稚園で素敵な会が催されます。
クリックすると元のサイズで表示します

貢川進徳幼稚園ではらくつみ木が9,000個も持っています。
毎月1回定期楽つみ木wsを地域に開放しています。
園長先生、副園長先生お二人がつみ木WSの担当です、いつまでも子どもたちと、地域と
関わっていたいからだそうです
またお二人はバイオリンの演奏者でもあり、当日子どもたちと一緒に演奏されるそうです。
目の前には子どもたちが積んだつみ木の世界、きっとつみ木さん達大喜びするだろうな。

これぞ交響の世界。楽しみ、楽しみ。
それが終わると翌日つみ木おじさん、おばさん北海道にかっとびです。
札幌でサンタさんとであうかも、プレゼントのお願いの手紙おじさんが届けますよ、、、、、北海道のサンタさんは馬そりにのっているかも、、、、
0

2011/10/31

つみ木おじさん関西に行きます  楽つみ木広場開催情報   

つみ木おじさんは今週末に関西大阪に行きます!!

今回は高槻市の平安女学院(子ども科幼児教育)の学園祭で楽つみ木広場

ワークショップを行うことになりました。見学希望の方は

木楽舎つみ木研究所まで、ご連絡ください。

クリックすると元のサイズで表示します

そのワークショップの案内です。


子ども科の学生の2年越しの計画、企画。どんな楽つみ木広場ワークショップになるか今からやっぱりおじさんを動かすのは熱意ですね。


つみ木おじさんはとっても楽しみです。




 東北のこどもたちの集う場(保育園、幼稚園、小学校、学童、児童館)に皆さんの志で楽つみ木送りましょう。東北の子ども達に楽つみ木送るお手伝いをいたします。あなたの志を東北のこどもたちのこころに届けます。楽つみ木と一緒にあなたのメッセージをおくります。
□木楽舎つみ木研究所も楽つみ木の売上の一部を(つみ木貯金)として積み上げて、継続して東北の子ども達を応援してまいります。
詳細は直接木楽舎つみ木研究所荻野雅之(つみ木おじさん)
☎055−273−4472.FAX055−273−4088.Mail.info@kirakusha.jpお問い合わせください.                    木楽舎つみ木研究所代表荻野雅之



木楽舎つみ木研究所は「楽つみ木」を通じて

@子どもたちの内なる心の環境 Aファミリーコミュニケーション

B地域交流 C持続可能な社会の創出の推進につとめます。

 楽つみ木は皆様と繋がる大切な架け橋であり

 小さな大切な社会貢献(CSR)のミッションを担っています。

あしなが育英会HP
http://www.ashinaga.org/index.html
木楽舎つみき研究所はあしなが育英会を応援しています。


木楽舎つみ木研究所
http://www.kirakusha.jp



0

2011/9/28

「復興の姿積み木に重ね」岩手日報の9月25日の記事から  楽つみ木広場開催情報   

つみ木おじさんは23日から岩手県大船渡市、そして宮古市へ行ってきました。

大船渡では障害児施設と地域密着ケアホーム、宮古市では子育て支援サークルで楽つみ木のい遊び合いを行いました。


その時の模様を地元「岩手日報」で掲載された記事を紹介します。

クリックすると元のサイズで表示します

これからも心のこもった支援、応援を皆さんと一緒に届けましょう。



0

2011/9/22

■岩手宮古市「すくすくランド」キャトル宮古でたくさんのつみ木で遊び合う集いを開催  楽つみ木広場開催情報   

■岩手宮古市「すくすくランド」キャトル宮古でたくさんのつみ木で遊び合う集いを開催

■岩手宮古市「すくすくランド」キャトル宮古でたくさんのつみ木で遊び合う集いを開催致します。


場所:キャトル宮古。宮古市栄町3−35.TEL:0193−63−7070

日時:9月25日(日)1:30分PMから4:00PM

主催:宮古市社会福祉協議会.つどいの広場 すくすくランド

協力:木楽舎つみ木研究所(荻野)


■楽つみ木ワークショップではたくさんの楽つみきで遊び合い、学び合いの楽しい相互関係が自然と発芽するを目的にしています

■その遊び合いの環境
@たくさんの(数千個から数万個)の楽つみ木

A個性の違う形から生まれる、多様性あそびかたの工夫広がる

B楽しい仲間、安心安全、信頼

C広い空間、普段味わえない空気感

D優しい案内役、みんなが主役になれるよう、個性を発揮できるよう励ましその
 場面その子の内面の心の動きにふさわしい声掛けをする(ファシリテーション)


こんな整った環境(企画、仕組み)から、参加した子ども達はつみ木遊びの中で崩れ、失敗、気づきと工夫を何度も繰り返す。自らの問題解決を逃げず行う。そのうちに自ら育てたつみ木の作品に自ら驚き、自分の新たな一面を発見する。他者との関係もつみ木の作品のやり取りがなされて(自己紹介)、笑顔が発生している。まさに「新しい人格の誕生」の瞬間です。


□社会がこどもたちの心を裏切らない、こどもたちが笑顔で遊び合う環境を保証しましょう。

東北のこどもたちに元気な笑顔を引き出す

東北のこどもたちとおとなが交り合って笑顔になる

ひとりでもおともだちとでも楽しく遊び合える

何度でも繰り返し、崩れてもやり直しができる

お互いに助け合い、支え合う喜びを教えてくれる

君のつらいおもいを静かに聞いてくれる小さな

君の手で小さな命の作品を築く喜びを教えてくれる

あなたと社会が繋がっている事を教えてくれる

そんな気持ちになるとき、楽つみ木が大切ことを教えてくれる

                 木楽舎つみ木研究所荻野雅之





木楽舎つみ木研究所は「楽つみ木」を通じて

@子どもたちの内なる心の環境 Aファミリーコミュニケーション

B地域交流 C持続可能な社会の創出の推進につとめます。

 楽つみ木は皆様と繋がる大切な架け橋であり

 小さな大切な社会貢献(CSR)のミッションを担っています。


詳細は直接木楽舎つみ木研究所荻野雅之(つみ木おじさん)
☎055−273−4472.FAX055−273−4088.Mail.info@kirakusha.jp


あしなが育英会HP
http://www.ashinaga.org/index.html
木楽舎つみき研究所はあしなが育英会を応援しています。

木楽舎つみ木研究所
http://www.kirakusha.jp
http://ameblo.jp/tsumiki-ojisan/

1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ