2017/5/18

「素敵な思いやりのバトンタッチのお話」  


積み木は 20年近く前に
母が未来の孫の為にと購入しました。
ちなみに当時の私はまだ結婚もしておらず
母の突飛な行動に驚いていました。

クリックすると元のサイズで表示します

積み木が陽の目をみるまでだいぶ時間がかかりましたが、母の願い通り幼少期から10歳を超えても孫た孫たちが積み木で遊んでいます。

母がこの積み木を知ったきっかけは
障害のある子どもたちの情緒の安定にとてもいいと聞いたからでした。
兄の子どもが自閉症と判断されたのをきっかけに
兄家族に一セット購入し、
積み木に惚れ込んだ母がまだ相手もいない
結婚するかもわからない私のためにもう一セット購一セット購入。
私もこの積み木をまだ見ぬ孫たちに引き継いでいきます^

クリックすると元のサイズで表示します
^

とても素敵な積み木
ありがとうございました。

「Tsumiki物語ですね。」つみ木を家族の依頼を受け1986年に考案制作開始。そのころは多くの方はたかがつみ木とおもわれているかたがほとんどでした。


クリックすると元のサイズで表示します

、ちょうど2000年ごろから・全国の地方新聞に共同通信の特別欄で紹介・朝日新聞などに紹介。2006年NHK・またTV朝日系の番組「夢きらり」民教協の番組で全国放送になりました。その辺から「たかがつみ木、されどつみ木」といった認識が始まりました。

クリックすると元のサイズで表示します


お母さまが20年近く前にご購入されたことは、本当に本質を見抜く審美眼に感服です。そのころは我々も全く手探りで活動しはじめたころ。お母様によろしくお伝えください。

ありがとうございます。つみ木おじさんより

クリックすると元のサイズで表示します

箱を開けると未だに檜の匂いがする
たった3つの形をしたシンプルな積み木。
この積み木達が子ども達の手を伝って
この子達の想像力を無限に広げてくれています。

クリックすると元のサイズで表示します

前回の写真をFacebookで見た友達が
今日積み木をしに我が家にきます。
もうすぐ小6の子ども達
賑やかな午後になりそうです。

お友達がこのつみ木をご覧に来る。これもまたつみ木が繋げる世界ですね。つみ木おばさん(私の奥さん)の言葉・楽つみ木は人と人を繋げる接着剤。楽つみ木は心と心を繋ぐ接着剤。未来へつながる接着剤。

言葉 素敵です。
朝から暖かい言葉をありがとうございます。

クリックすると元のサイズで表示します

箱を開けると未だに檜の匂いがする
たった3つの形をしたシンプルな積み木。
この積み木達が子ども達の手を伝って
この子達の想像力を無限に広げてくれています。

「素敵な思いやりのバトンタッチのお話」楽つみ木ミッションその物ですね。感謝。つみ木おじさんより。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ