南浦和幼稚園TOPページへ

2020/9/14

大切なこと・・・  

 幼稚園では、犬やうさぎ、カメなど色々な動物を飼っています。毎朝お世話をし、子どもたちと遊び、動物たちに沢山の愛情を注いでいます。
しかし、皆さんもお分かりの様に動物さんも命ある生き物です。歳を取ってお空に旅立って行くのです。
 
 幼稚園には12歳のワンちゃんと、10歳すぎのうさぎさんがいました。このこ達はとても仲良しで一緒にお散歩もしていました。そんな元気で可愛いこのこ達に、長生きして欲しいと思っていました。
しかしお別れの日はあっという間にやってくるのです・・

 7月半ばワンちゃんは、悪性腫瘍が出来てしまい、虹の橋を渡って行きました。
そして、夏休みが明け子どもたちが元気に登園しはじめた頃、子どもたちを待っていた様に、うさぎさんもお星様になりました。

 子ども達はすぐにいない事に気づき、悲しい表情を浮かべていたり、亡骸に手を合わせ祈っている子ども、沢山の折り紙、お手紙を書いてくる子ども。
子どもなりに考えて、それぞれの想いで死を受け止めているようです。

 子どもに亡くなった事を伝えるというのは少し重く感じると思いますが、ワンちゃん、うさぎさんは自らの死を持って子どもたちに命の尊さを教えてくれているのです。

悲しい事ですが、沢山愛情をそそがれ幸せな毎日を送れたのではないでしょうか。

 動物は、目には見えない沢山の事を私達に与えてくれています。
これからも、南浦和幼稚園は色々な動植物を大切にしながら、命の尊さを感じ学んで行きたいと思っています。

また、新しいお友だちが増えるかもしれません♪
お楽しみにしていて下さい☆

 



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ