2013/3/14

本物のトランポリン  今日のできごと

だんけにはいろいろな遊具があります。
その中でもだんけの特徴的ともいえる遊具は
前回のブログで紹介したハンモックや吊り輪といった「吊り遊具」。

クリックすると元のサイズで表示します

ちなみにだんけの吊り遊具はハンモック、吊り輪以外に

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

数人の子どもが一緒に揺れを体感できるスイング円盤や、
揺れ&両手足をしっかり使う縄ばしごもあります。

そして もうひとつ、代表的遊具なのがこちら。

クリックすると元のサイズで表示します

大型トランポリンです。

この大きなトランポリンは
福岡県にある感覚統合訓練遊具を製作、開発、輸入している
「あそぼう工房」さんから購入させていただきました。
直径150センチあり、跳ぶと何とも言えない跳躍感があります。

クリックすると元のサイズで表示します

跳躍面が広いので、まだトランポリンが跳べない子どもさんには
スタッフが一緒に乗り、振動を全身で感じたり、

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

沈みや弾みを体感できることです。
とても大きな刺激となるのか、とても喜んでくれます。
また、ゆったりとした動きではリラックス効果も抜群です。


そして、左のトランポリンが家庭用として、
ごく一般に市販されているトランポリン。
こちらの方はバネが固く、正直言って
跳躍感はあまり期待できません。

こちらのトランポリンは跳ぶ遊具としてではなく、
もはや「大きな台」扱い。

クリックすると元のサイズで表示します

最近では吊り輪の時に使う踏み台代わりにもなったり・・・。
子どもたちにしたら、このトランポリンではいくら跳んでも、
「跳んだ!」感が満たされないんでしょうね。
本当に子どもたちの反応は正直です。

だんけに来られた際は、
ぜひ このトランポリンで跳んでみてください。
子どもたちが求める感覚が体感できますよ〜。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ