2015/5/29

馬渕教室で得たもの  馬渕教室

五年生の時、馬渕教室からの四天王寺の文化祭見学に行ったときから、私はこの学校に通いたいと強く思っていました。文化祭はとても楽しく、勉強だけでなく、こんなに楽しい学校生活が送れるのかと思ったからです。  五年生の時、私の成績は下がり調子でした。算数は得意科目でしたが、国語も理科も社会も全然点数がとれませんでした。  公開テストの国語で最悪の点数をとった時のことでした。塩沢先生に呼ばれて、毎回宿題に出る文章題の要約をノートに書くように勧められました。そして、意味調べをし、なぜその問題の答えがそのようになるのか、という理由を書く、という勉強法でした。  最初のうちは、全く効果が出ませんでしたが、根気よく続けていました。

そして、六年生の夏の終わりのことです。お盆前に急に四天王寺を目指す人は入試対策問題集Uをお盆休みの間に終わらせるようにと言われました。  ほとんど手をつけていなかった私は、お盆休みの間中ほとんど国語の入試対策問題集だけをやっていました。そして、お盆休み明け、国語の入試問題を解くと不思議なことに問題文の内容が頭の中にスイスイと入ってくるようになったのです。それから、苦手だった国語もだんだんと点数をとれるようになってきました。  理科や社会は最後まで苦手科目でしたが、くり返し問題を解いたり、ノートにまとめたりしているうちに少しずつ点数が上がってきました。

この三年間の塾通いは、すばらしい友達とも知り合えて、楽しいこともいっぱいありましたが、つらいこともありました。  それは、五年生最後のクラスがえでクラスが下がった時のことです。せっかく仲良くなれたクラスの友達とはなればなれになると思うと、つらくて涙が止まりませんでした。  でも、そのクラスで受ける最後の授業の日、塾に行ってみるとクラスのみんなが手紙に一言ずつ励ましの言葉を書いて渡してくれました。こんな短い時間でいつの間にみんなが書いてくれたんだろうと驚くと同時に、うれしくてまた涙が止まりませんでした。この手紙は私の宝物です。その日からずっとかばんの中に入れて塾に通いました。そして、またクラスが上がれるように頑張ろうと決意しました。  こんな素晴らしい仲間と出会えて、また志望校にも合格でき、私は馬渕教室に通ってよかったと思います。  塩沢先生がつけてくれた「マーヤ」というあだ名も結構気に入っています。  お世話になった先生方、ありがとうございました。
1



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ