フルコンプリート奮闘記

ガムラーメンフルコンプを目指す管理人における、シール収集やHP更新の日々を綴る奮闘記です。

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
>アムロさま

やっぱスキャナー凄いですわアイツ(笑)。ノーマル、裏面に関してはストレスなく更新できそうです。プリズム、ホロはまだ試してないですが、ホロは期待できないだろうなぁ…

屋外での感光シール撮影は、対策として「画素数高めのカメラアプリを使う」「屋外でライトorレフ板当てながら撮影」など考えていますが、実行に移せるかどうかは疑問です(爆)。

アルミはやはりレフ板必須のようです。時間がかかるのでひとまずスキャナー画像で更新しますが、後日レフ板使って再撮影したいと思います。

あー、誰か代わりに撮影してー(涙)。
>通りすがりさま

コメント&アドバイスありがとうございます!
感光シールですが、日光から離した瞬間にどんどんインクが薄くなっていきますので、画像を取り込んでる間におそらく綺麗に消えてしまいます。感覚的には、スキャナーを屋外に持ち込んでやっても間に合わないレベルだと思います。

ブラックライトも一応所有しております。試してみましたが、ブラックライトは日光よりもさらに弱いので、話した瞬間に半分くらいは色が抜けます。しかもライトを当てている間はあの紫色っぽい光がシールに映るので、ライトを当てながらの撮影は不可能なんです。そういう意味ではやはり日光には敵わないんですね。あと、ライト持ちながらスマホ持ちながらの撮影は相当しんどいです(固定しろって話ですが(爆))。

あとアルミ素材ですが、多分画質の調整で明るくはなるかと思いますが、おそらく色合い等が不自然になるのではないかと思っています。なるべく実際の目で見たまんまの画像を載せたいので、画像にはなるべく調整は入れないようにしてるんです。ま、だから無駄に苦労してるんですけどね(笑)。

色々やってみましたが、それぞれメリットデメリットがあってなかなか上手くいかないですね。頑張ります!
投稿者:アムロ
そうですよね〜、やってみて初めてわかる事が多いんだと思います。
どんな素材も最高画質で取り込む魔法のスキャナーがあればいいんですが(苦笑)。
でも、その難しさも醍醐味かもしれない。
だれも教えてくれない撮影ノウハウ確立すれば、シールのコレクションももちろんそうですが、シール画像館のジャンルではもう誰もみさおさんに追いつけなくなりますよ(笑)!
投稿者:通りすがり
楽しく拝見しております。感光シールは太陽で浮き出た状態のものを、すぐさまスキャナで取り込むとかでも無理なのでしょうか。 感光部分が太陽の何に反応するのかが当方にはわからないのですが、例えば紫外線に反応して浮き出る、のなら100均で売っているUVライト(ブラックライト)付のペンとかで試してみてもいいかもしれません。どなたかブラックライトをお持ちの方に確認していただきたいところです。詳しい方がおられたらご教示いただきたいです。 アルミ素材で暗くなるのは、スキャン後の画質の調整で明るくできそうですが。

管理人プロフィール

       名前 みさお             趣味 80年代へタイムスリップ   病気 収集癖

カレンダー

2017年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
AutoPage最新お知らせ