ブーティーとは  着こなし術




ブーティーとはブーツの一種です。
おネエMANSでは「ブーティーとは、踝あたりの短いブーツのこと」と紹介されていましたが、定義は曖昧(あいまい)で、ハイカットスニーカーにブーツの装飾が付いたもの、ブーツとパンプスを合体させた様なもの、パンプスとショートブーツの中間といった解釈があります。

ブーティーは秋・冬の流行となり、広く雑誌などで紹介されるようになりました。 現在、若い女性の定番アイテムになりつつあり、ブレイク寸前です。

さて、そんなブーティーの着こなしにはどんなものがあるのでしょうか?
流行のブーティーですから、着こなしも本当に様々なものがあります。
基本的にはデニムにもレギンスにもスカートにも合わせられるので、
コーディネートは本当に様々ですし、着こなしも難しくありません。

したがって、どんなブーティーを履くかによって、着こなしのポイントが変わってきます。通販でもたくさんのデザインのブーティが選ぶことができるので、自分のイメージにあったブーティを選んでください。
はてさてどんなブーティを選んでいいか分からない方は、まずは基本カラーのブラックを押さえておけば充分かと思いますよ。

さらに、大人の女性を演出したいならパンツスタイルにブーティの着こなしもいいかもしれません。
短めのタイトな黒パンツに黒のブーティを合わせると、クラッシックかつエレガントな魅力を演出できます。







0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ